ゆるしぼ

2018年2月のレースは2時間14分33秒。次は10分切りを目指す中年カメさんランナーのブログ。

耳鼻科行ってきた

咳が止まらない。止めようと思っても止まらない。
腹筋は痛み、連続する咳に息も吸えず、鼻水と涙とヨダレを
流しながらそれでも止められない。
胃液も上がってくる。ゲーゲー言いながらそれでも止まらない。
5分くらいして、ようやく止まると声が出ない。

とりあえずまずは鼻と喉へのアプローチから。
咳止め、抗生剤、痰や膿を出しやすくする薬、炎症止め
加えて花粉症の薬と点鼻薬を処方された。

もしこれで咳が止まらなければ咳喘息の可能性が高い。
1週間後にまた来るようにとのこと。

昨日の昼から薬を飲み始め、夕方から夜は仕事に行き
喉はつまった感じがしたけど発作は出なかった。

明けて今日。昼前に歯医者の予約がとってあった。
大丈夫だろうかと思ったのが的中。
治療を始めようかというところで咳の発作が出てしまった。

今日はやめましょうということになったが
声が出ない、咳でしゃべれない、謝罪もお礼もまともに言えない。
歯医者は落ち着いたら連絡入れるということで帰宅。
おさまってしまえば大丈夫なんだけどね。

なんだろうね。やっぱり咳喘息なのかな。
いやだなあ。

咳喘息疑惑

今週に入ってから咳の発作に何度か襲われている。
「咳喘息では?」と指摘を受けたので、明日病院に行くつもり。
とりあえず発作が起きるととめることが出来ない。

就寝前、就寝中、昨日は仕事中と電車内。
ちょっともう限界かな。ランニングどころではない。

病み上がりラン

距離 6.07km
時間 50:19
平均ペース 8:17/km
平均心拍数 117bpm
音楽 サカナクション「魚図鑑」

6日ぶりに走ってみた。
まだ本調子じゃない。声は枯れてるし乾いた咳も時々。
でもくさくさするのでゆっくりランに出た。

一応120bpmをターゲット心拍に走ったつもり。
体調が戻るまではこんな感じで。

絶賛ダウン中

25日に走って、その日の夜に喉のかゆみを感じた。
翌26日には鼻がグスグスして、ああ花粉症がついに爆発したかと思った。
27日には滝のように鼻水を垂れ流し、こりゃひどいと。
その日の夜からよく眠れなくなった。

28日には喉と耳の奥が強烈に痛くなり
夜中には鼻も詰まって、ほとんど眠れないくらい苦しい。
昨夜から今朝にかけてはほとんど声が出なくなった。

ちなみに今は声は出る。
鼻は詰まってる。耳はボーンとしてる。声は出ずらい。
なんなんだろうこれ。花粉症なのか風邪なのか。

ヒノキのほうがひどくなるのはわかっているが
これはちょっと極端すぎるだろう。

とにかく仕方がないのでランニングも楽器の練習もお休み中。
夜ちゃんと眠れないだけでツライところに
肉体労働とかね、どうにか乗り切ったけども。

60分LSD

花粉症でマスクランが憂鬱だが
いつまでもそんなことは言ってられんので練習開始。
とりあえずのんびり軽めに始めることにする。

しばらくは週2でペース走+週末LSD走という感じで
速度を少しずつ上げてやっていくつもり。
Nike+runningのプランは使わない。

7.73㎞(7:46/km)
125/139bpm

エントリー決めて、慌てて数か月前からトレーニング。
これじゃあタイムは縮まらないよな。

持久力とか長距離ランの基礎力みたいなもんを
年間通して維持・向上させないと、急ごしらえじゃ無理。

まぁとりあえず早く花粉収束してくれ。

10km

10km(1:08:25/km)で。
火曜日に4㎞、昨日2.15km+3㎞走った。

スギ花粉がピークになっているゆえ
今日もマスクとゴーグルでランニングしたが、本当にキツイ。
それでもラン後は喉や目が痒くなるんだもんな。
早く花粉の時期が終わってほしい。

友人が今日レースだった。
昨日、応援naviというアプリを教えてもらい
友人が走ってるのをリアルタイムでチェック出来て面白かった。
今はランニングもいろんなことが出来るんだなあ。

レース中、1㎞ごとに皆のGarminのアラームが
一斉に鳴るのが面白いんだよね。あちこちで聴こえる。
それにしても痒い。眼でも洗うか。

来シーズンの目標

浦安と外環とレースを2つ出てみて
現状の実力は、2時間15分あたりというのがわかった。
一昨年に初めてハーフに出て、そのあとランニングをサボって
去年秋からここまで戻すのが本当に大変だったから
少なくともこの状態は維持せねばならん。

シーズンに1本はハーフに出たい。

最初の足立の10㎞レース、次の川崎多摩川ハーフは
出場レースも、待ち合わせ場所、時間もすべて友人が段取りしてくれた。
でも今回は2本とも自主的に決めてひとりで参加した。

いつもの人任せ&甘えて、じゃなくて
緊張やワクワクを、より能動的に感じることができた気がする。
そりゃ練習はキツクて楽しくないと思う時あるけど
今シーズンのレースが一番楽しかったし
来シーズンもまた出たいと思った。

レベルが落ちないよう練習を続けて
来シーズンは2時間10分を切ることが目標だ。
がんばるぞー。